上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
君田温泉に行きました。温泉の質が良いのでしょうか、おじさんの肌もスベスベになりました。
近ぢかリニューアルされるそうで、それはそれで楽しみです。
雪に囲まれた露天風呂は抜群の情緒で、たまりません。
素朴な田舎の良さがふんだんに感じられるのがいいですね。
土日はそこそこお客さんが多いので、血液型Aの方は平日が超お薦めですね。
君田温泉で観られる茂田神楽は素晴らしい。若者たちが古式の舞を
実に迫力満点に魅せてくれます。
神楽団のホームページがあるから、一度ご覧になってはいかがですか。
スポンサーサイト
三次市には2年後に自動車専用道「尾道松江道」が開通します。
今は、道路交通網の整備によって広島市との経済交流が大きいのですが、 
かつては島根県の石見銀山からの経済ルート「銀山街道」が尾道市まであり、 
尾道市からは「尾道商人」が三次地方にも頻繁にやって来ていました。
当社の印刷用紙も尾道市の業者から仕入れています。
「尾道松江道」、これは基本無料の道路です。
島根県や鳥取県にとっては、広島市近郊や岡山市近郊、四国各地からの観光客が
どっと賑やかになることは間違いないですね。
同時に三次市と尾道市もグッと近くなります。
地方は、やはり道で変わってくるのですね。
今年は益々中山間地域には厳しい幕開けとなることでしょう。
特に、今30歳位までの人は経済発展期の、なんというか、やればどうにかなるとか、頑張れば報われるという
清く正しい雰囲気が無くなっていく中で育ってきているので、今頑張っている若者は強いのかもしれない。
地域の高等学校で頑張って良い大学等に進んでも、その力が発揮できる職場が中山間地域には無いのです。
今の経済状況からして企業誘致は困難なのは分かりますが、
それならば地域で起業を興していくべきだと思います。
今、三次市は尾道松江自動車道の開通を2年後に控え、大きな岐路に立っています。
定住してもらうためにはいろいろな生活環境が求められます。
私は私たちの会社で出来ることを提案し実施していきたいと思っています。
印刷会社は皆さんのサポーター役からプレイヤー役になっていきたいのです。
ポスティングを通して人間力の感じられる事業を計画しています。
お仲間スタッフ募集中です。
2012.01.06
新年がスタートしました。今年は久々に落ち着いたお正月でした。
広島県三次市は中国山地の里山的地域にある普通の田舎です。
しかし田舎の普通が少しずつ変化してきています。
山に囲まれた所なのに、木がない。
製材所が無くなってきていて、残った製材所も原木からの製材をしなくなったそうです。
お正月の「とんど」に使用する木っ端を、今日は離れた町まで買出しに行きます。
以前はどこでもあった木っ端。
山に囲まれているのに、よく見回すと周囲に木や藁や亀や蛇もいなくなっている。
大丈夫かな、田舎。大丈夫かな、日本。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。